医師

潰瘍性大腸炎や胃がんなどの難病と向き合う|しっかり治して健康生活

注目されている治療法

相談

肺がんはその進行スピードが早いことで有名です。そんな肺がんの治療に対して高い効果が期待とされているのが、免疫療法です。その内容をしっかりと確認して行きましょう。

もっと読む

症状とその対策方法

患者と先生

潰瘍性大腸炎はもともと、日本人にはあまり発症しないとされていた病気の1つになります。大腸粘膜に炎症が起こり、ただれや潰瘍などが出来てしまいます。粘血便や激しい下痢、腹痛などが主な症状で、20代の若者から60代の高齢者にまで発症します。潰瘍性大腸炎が発生するのは、遺伝や普段の食事内容、腸内の細菌バランスの乱れが原因とされています。ですが実際のところ、潰瘍性大腸炎はこれらの要因が複雑に絡まって発症するため、具体的な原因はいまだに解明されていないというのが現状なのです。

国内でも患者数が増え続けている潰瘍性大腸炎ですが、症状の表れ方としては2つの種類に分けることが出来ます。1つめは再燃緩解タイプです。再燃緩解タイプの特徴としては、血便、粘血便、下痢などが発症し改善、しばらく期間を置いて再発症し再び改善する、というようなサイクルが続きます。サイクルの間隔は数カ月の場合もあれば、数年後に症状が現れるということもあります。そしてもう1つは、一度症状が起こってから、長期間にわたって継続する慢性持続タイプがあります。これらの症状は悪化すると、体重が減少したり、貧血症状を起こしたりするのです。

潰瘍性大腸炎の疑いがあれば、速やかに病院を受診し治療を開始しましょう。先ほどもご紹介したように、再燃緩解タイプの潰瘍性大腸炎の場合、一見治ったかのように思っても症状が再発することもあります。そのため症状が治まったからと言って治療をやめずに、継続して治療を行なうことが大切です。

在宅医の見つけ方

手

世田谷区で在宅医療を利用している人はとても多いです。今後、在宅医療を考えているという人は在宅医療を行なってくれる医師の探し方を早い段階でチェックしておきましょう。

もっと読む

胃がんの発症率を下げる

腹部を押さえる女性

日本人は胃がんになりやすいと言われています。その原因をしっかりと確認しておくことで、胃がんにかかるリスクを減らすことが出来るでしょう。また病院では胃がんの原因ともされているピロリ菌の検査を受けることも出来ます。

もっと読む