医者

潰瘍性大腸炎や胃がんなどの難病と向き合う|しっかり治して健康生活

注目されている治療法

相談

そんな進行スピードが早い肺がんの治療方法として、注目を集めているのが免疫療法です。免疫療法では活性化リンパ球療法、樹状細胞療法、ワクチン療法などが有名ですが、肺がん治療の免疫療法に関していえば、NK細胞療法が有効という報告がされています。そのため従来の肺がん治療方法で諦めざるを得なかった患者さんにも、効果が期待されているのです。

そもそも免疫療法とは、患者さん自身の免疫細胞を活用してがん細胞を治療する方法になります。免疫療法で使用される細胞にはT細胞、樹状細胞、NK細胞とあります。T細胞には増殖しやすいという特徴がある一方で、がん細胞を悪い組織だと判断する能力が乏しいのも特徴です。そして樹状細胞にはT細胞にがん細胞が悪い組織だと認識させる特徴があります。ですが、樹状細胞はT細胞のように繁殖能が優れていません。

そこで白羽の矢がたったのがNK細胞です。NK細胞には、ガン細胞が悪い組織だと判断しすぐに攻撃するという特徴があります。また繁殖能力も樹状細胞と比べて優れています。そのため肺がん治療としてスタンダードだった活性化リンパ球療法を進化させた、NK細胞療法を導入するクリニックが増えているのです。今後、肺がん治療を進める中で新たな治療方法を探しているのであれば、これらの治療を取り入れるという選択をしてみるのも良いでしょう。ですが患者さんの状態によっては、選択可能出来る場合とそうでない場合があるため、医師としっかりと話し合ったうえで治療方針を決めていきましょう。